百花園と江戸のガーデニング
 
  江戸の当時、人々は日常の暮しに憩いを求めて 園芸に熱中していました。
武士・大名の庭園造りはもとより、庶民も路地での鉢植え作りに『癒し』を求めていた様子です。
その熱狂ぶりは現在の『ガーデニングブーム』を彷彿とさせます。
この時代、向島の地は江戸に出荷する蔬菜類を栽培する田園地帯でしたが、こういった隅田川東域の農民たちが、植物の需要に応じて、園芸植物を栽培するいわば 『植木屋』 として発展していったことも、向島界隈に名園の存在した一つの要因でもありそうです。
 
 
 
そんな庭園の先駆けともいえるのが、亀戸、現在の亀戸天神傍にあった「梅屋敷」でしょう。浅草の呉服商伊勢屋彦右衛門の別邸・清香庵の庭に300株をこえる梅が植えられたもので、観梅スポットとして多くの江戸庶民に愛されました。
ここには、竜が地上でとぐろを巻いたような形の梅の木が有り、水戸中納言光圀公により、「臥龍梅」と名付けられたそうです。
惜しいことに、1910年の水害により廃園となりました。
 
 
 
 
た、「新梅屋敷」ともよばれたのが、江戸後期・文化文政年間に仙台出身の骨董商 『佐原鞠塢(さはら きくう)』 により、現・墨田区東向島に開かれた植物庭園 『向島 百花園』 です。
その名の示すとおり、四季百花の咲き乱れる名所となり、江戸庶民はもちろんのこと、将軍家斉公がお成りになったり、また、太田南畝(
おおたなんぽ・蜀山人)や大窪詩仏(おおくぼしぶつ)、酒井抱一(さかいほういつ)といった江戸後期文化を担う文人墨客が、趣味人 佐原鞠塢 のもとに集い、当時の最先端文化の発信源と言えたようです。
   
         百花園入口の門  
         上部には太田南畝の書による 「花屋敷」の額。
         門の左右には大窪詩仏による
            「春夏秋冬花不断」「東西南北客争来」
         という一対の聯(
れん)が架かっています。
 
 
 
 
この百花園については、八代目佐原鞠塢・園内茶亭さはら亭主によるサイト 「墨東歳時記・百花園」 の中に詳しく説明があります。是非ご覧になって下さい。 
 
また、当店の野菜菓子 「七種 (ななくさ)」 を茶亭さはらにて販売致しております。