板絵作者 武智功悦氏について
武智氏の板絵
梅鉢屋店内に展示
昭和31年 愛知県犬山市生
洋画・彫刻など 数多くの作品を残した 父の影響で 幼少よりものづくりに親しむ
高校時代に 師・山崎博 に出会い コラージュ作品・陶芸 などを試みる
この頃 本業以外の遊びの世界で優れた焼き物・書などを生み出した
本阿弥光悦(ほんあみこうえつ 桃山〜江戸前期の書家・工芸家)にあこがれ「功悦」を雅号とする
自宅に陶芸工房を開窯

昭和50年〜 公募展(デザイン、工芸)出品。コピーアート・シリーズ制作

57〜 京都・大阪でグループ展開催
60〜 百貨店・画廊などで「板絵」の個展を開催
その後 柳宗悦の「心偈」をテーマにした作品展を 大阪・広島・徳島・福岡などで開催
また 「東大寺と正倉院」(雄山閣刊)など書籍の挿画や 商品パッケージのデザインなども担当している

現在 奈良県三郷町在住