江戸の技『砂糖漬』とはどのようなものでしょうか?




江戸の当時 農産物・海産物 の長期保存を目的として 糖蜜で加工したことが発祥ではないかと
思われます。   漬け物 などの 『塩漬』 に対し 『砂糖漬』 と呼ばれ そのころ出回っていた
 
『江戸買物獨案内(えどかいものひとりあんない)
       
によると 江戸後期にはその存在を見ることができます。
『砂糖漬』 の素材としては 牛蒡・大根・みかん・昆布 などが多かったようです。

現在とちがい 砂糖自体が高価で稀少だった時代 『砂糖漬』 が頻繁に庶民の口に入るもので
あったかどうかは定かではありません。 菓子店で商われるもの というよりは 薬種問屋 (薬店) 
の店頭で珍重された貴重な嗜好品であったようです。

以来、江戸から各地へその製法・技術はひろまり 多くの職人の手によって 『砂糖漬』 は
作り続けられてまいりました。

梅鉢屋はこの江戸時代よりの 『砂糖漬・野菜菓子』 の技法を忠実に今に伝える唯一の菓舗であります。
昔ながらの素材を継承しつつ 新しい素材への挑戦も続けてまいります。

 
 
 
『砂糖漬』 『野菜菓子』  をつくる課程を 板絵 にあらわしたもの
              
                                    武智功悦筆
   梅鉢屋店頭にございます
 
 
 
 
 
 
 
武智 功悦氏 について