平成18年

1月

 不二山へピンピンコロリ寒落輝  舟生










 情念を埋火として開耶姫  壽子
ダイヤモンド富士  
  
姿・形はもとより富士山は日本を代表する名山である。地軸が傾いている為、太陽の位置が南回帰線に到達した時が「冬至」で昼が一番短い一日となる。その冬至を挟んで二度「ダイヤモンド富士」を見ることが出来る。
しかし、快晴になることは数年に一度のチャンス。写真の巧拙よりは良いチャンスに恵まれたと思う
                       





<<前月へ        次月へ>>



 15年の作品へ    16年の作品へ    17年の作品へ     18年の作品へ    19年の作品へ    20年の作品へ

年月索引へ    題名索引へ    画像索引へ    表紙へ戻る